トップページ >3分でわかる株の基礎> 売買される株の種類

売買される株の種類

証券会社で売買される、株の種類は三種類あります。

初めて株取引に、チャレンジする人は基礎なので覚えておきましょう。


株式の種類 その一

取引所上場株。


証券取引所で、売買が認められている株のことです。

一般的にメジャーな株は、この取引所上場株になります。


売買のためには、証券会社を通して、

証券取引所に注文を出します。

また、この株には上場基準があり、

ここにある株式は、審査を通った株となります。


株式の種類 その2

ジャャスダック上場株(店頭登録株)

日本証券業協会が決めた登録基準を満たして、

ジャスダック市場に上場している株のことです。

上場するための基準は、証券取引所の上場基準よりゆるいので、

成長途上の企業でも上場しやすいのです。

取引システムは「ジャスダック売買システム」で行われます。


最後に三種類目は 外国株 です。

東京証券取引所と、大阪証券取引所のみで扱われています。

取引の方法などは国内株式とほぼ同様です。

手続きや配当金の受け取りは、国内の代行機関でも可能です。

Posted by sekaiiti : 15:17 | Trackbacks (0) | Page Top ▲

trackbacks

trackbackURL: