トップページ >初めての株 買い方> 株の買い方・指値と成行

株の買い方・指値と成行

株を買うときに覚えておいてほしいのが、「指値」と「成行」です。

株を買う方法には2種類があって、

それが指値と成行です。


※まずは一つづつ覚えていくことが重要です。指値と成行は大事なポイントです。


それぞれ、違う意味を持った株の買い方なので、

トレードが初めての方は、しっかりと覚えておきましょう。


指値(さしね)とは、

いくらで買う!というように値段を決めて注文します。


わかりやすく言うと、指値はオークションみたいなものです。

株に自分で値段をつけて注文します。

金額を指定して注文を出すので、

「この値段なら買っていい」という金額を指定することができます。


一方、成行(なりゆき)注文は、

いくらでもいいから買う!というように、値段を決めずに注文します。


成行の特徴は「とにかく買う!」です。

値段を決めずにいくらでもいいから買う!という注文方法なので、

初めてのトレードに挑戦する方は、ちょっと慎重にやったほうがいいでしょう。

Posted by sekaiiti : 16:07 | Trackbacks (0) | Page Top ▲

trackbacks

trackbackURL: