トップページ >3分でわかる株の基礎> 初めての株で儲かる仕組み

初めての株で儲かる仕組み

株式投資で利益を得る方法は、2種類の方法があります。

それは、「キャピタルゲイン」と「インカムゲイン」です。


一見難しそうですが、仕組みはカンタンです。


「キャピタルゲイン」とは、株を売買した差額により利益を得ることを言います。


株の値段が安いときに買い、値段が高い時に売る。

その売買の差額が儲けになるのです。


例えば1,000円で株を買い、

その後、2,000円で売れば

+1,000円の利益が出るわけです。


これが、キャピタルゲインの仕組みです。

一方、「インカムゲイン」とは、株をもっているだけで得られる特典、

いわばオマケのようなものです。


「配当金」と「株主優待」 がそれらに当たります。


「配当金」とは、企業が出した利益の一部をある時期に、

株主に還元するというものです。

株を持っていることで、貰う権利を得ることができます。

「株主優待」とは、

その企業の商品券や割引券などを、得ることが出来るものです。


株で儲かるというと、主に 「キャピタルゲイン」のことです。

株を売買したときに発生する差額で、利益を得るのです。

Posted by sekaiiti : 14:36 | Trackbacks (0) | Page Top ▲

trackbacks

trackbackURL: