トップページ > 2007年04月

海外の株と、景気の影響

株価というものは、収益=株価という単純なものではありません。

会社の信頼性、将来性、財務状況、さらには景気といった外部要因も含め時価が決定します。

景気が減速すれば、市場はやはり警戒します。


そういった要素を、常に考えながら投資を行いたいですね。

出典:[4月15日/日本経済新聞 朝刊]

今週の見通し・NY株 好決算支えに堅調
 今週のニューヨーク株式相場は堅調な展開となりそうだ。ゼネラル・エレクトリックなど大手企業の好決算が続いており、株式相場では悪材料への感応度がひところに比べて低下してきた面もある。ただ景気悪化やインフレの加速は引き続き注目材料で、経済統計の内容などで株価がブレやすくなる可能性もある。

 先週の株式相場は週後半にかけて戻りを試す展開。メルクやマクドナルドの業績が市場予想を上回ったことなどを好感した。原油相場の上昇や4月の消費者態度指数の不振といった悪材料をこなし、S&P500種株価指数は世界同時株安前の水準を回復した。

 今週も主要企業の決算発表に注目が集まりそう。シティグループ、インテル、IBM、コカ・コーラなどが1―3月期決算を発表する予定。先週は好決算が相次いだが、米景気は減速ぶりが強まっているため、市場には警戒感も根強い。

 経済統計では3月の消費者物価指数や住宅着工件数が発表される。物価上昇と景気悪化が併存する「スタグフレーション」への懸念も根強く、各種統計も引き続き材料視されそうだ。

(ニューヨーク=山下茂行)



スポンサードリンク

Posted by sekaiiti : 11:46 | Trackbacks (0) | Page Top ▲

円安進行を受け、株価反発

本日の東京株式市場の動きについてです。

円安進行や、米国株の上昇などが好材料となり、

大幅に反発しました。(東京株、300円超高)


世界の金融状況に市場は敏感に対応するということが、

実感できる出来事ですね。

出典:東京新聞

円安進行受け大幅反発 東京株、300円超高
2007年4月16日 10時37分

 週明け16日午前の東京株式市場は、前週末の先進7カ国財務相・中央銀行総裁会議(G7)を受けて、為替相場の円安が進んだことを好感、日経平均株価(225種)は大幅反発した。上げ幅は300円を超えた。

 午前10時現在は、前週末比331円76銭高の1万7695円71銭。全銘柄の値動きを示す東証株価指数(TOPIX)も24・32ポイント高の1729・82と反発。

 前週末の米国株が上昇したことも支援材料になり、自動車や電機株など輸出関連株を中心に幅広い銘柄が買われた。

(共同)



スポンサードリンク

Posted by sekaiiti : 21:16 | Trackbacks (0) | Page Top ▲

米株高や円相場を好感だが、伸び鈍化

前日から上がり調子だった株式市場ですが、

午前中ごろから伸びが鈍化した模様です。

米の株高や円相場は好材料として見られたのですが、

それだけでは買いを進める理由として弱いと見られたようです。

出典:NIKKEI NET

東証前引け・続伸――米株高や円相場を好感も買い続かず
 17日午前の東京株式市場で日経平均株価は続伸。前引けは前日比41円48銭(0.24%)高の1万7669円78銭だった。前日の米株高や円安・ドル高基調を背景に、朝方から上げ幅が100円を超えて始まり、一時は1万7782円まで上昇した。ただ高値では売り圧力が強く、上げ幅は徐々に縮小し1万7700円台を割り込んだ。市場では「積極的に買いを進める材料に乏しい」との声もあり、来週以降の企業決算まで模様眺めを決め込む投資家もいたようだ。東証株価指数(TOPIX)は反落。朝高で始まったものの、前場中ごろから売り圧力に押され下げに転じた。

 業種別TOPIX(全33業種)では海運業や証券商品先物など17業種が上昇した。一方、電気・ガス業や陸運業の下げが目立った。

 前引け時点の東証1部の売買代金は概算で1兆2676億円、売買高が8億9287万株だった。値上がり銘柄数は675、値下がり銘柄数が883、変わらずが165。

 東エレクやアドテストといったハイテク関連株が上げた。トヨタ、信越化、ニコン、ファナック、ファストリ、パイオニア、ソフトバンクも堅調だった。半面、みずほFGや三井住友FGといった銀行株が下げた。カシオ、エーザイ、リコー、JT、中外薬、KDDI、花王が軟調だった。

 東証2部株価指数は続落。朝方は反発して始まったがその後は売り圧力に押され下げに転じた。宮入バ、サーボ、ソディックが下げた。半面STECH、バナーズ、中外鉱が上げた。〔NQN〕

(4/17 11:28)



スポンサードリンク

Posted by sekaiiti : 14:10 | Trackbacks (0) | Page Top ▲

買収防衛策勧告焦点に TBS外部委 株買い増し楽天の通告

テレビ局といっても、株式会社である以上、外部からの株買収という事態は

充分に考えられることなのですね。今回の件で株価をどう動くのか、

その動向に注目が集まります。

出典:東京新聞

買収防衛策勧告焦点に TBS外部委 株買い増し楽天の通告 27日にも本格議論
2007年4月21日 朝刊

 TBSは二十日、臨時の常勤役員会を開き、同社株を20%超まで買い増す意向を表明した楽天に対し、手続きに沿って買収防衛策の発動を検討することを確認した。有識者でつくる企業価値評価特別委員会が二十七日にも開かれ、防衛策発動の是非について議論が本格化する。対して、楽天はTBS側の結論が出るまで、株取得をしない方針。防衛策をめぐるTBS側の判断が、両社の攻防のカギを握りそうだ。 (桐山純平)

 楽天の通告から一夜明け、TBSの役員会では担当役員が事情を説明した。楽天に反発する意見もあったという。

 TBSは、今後、二十七日に開く予定の取締役会で株取得の目的や提携計画について楽天に質問書を出すことを正式に決定。同時に企業価値評価特別委員会に防衛策発動の是非を諮問する。委員会で、楽天が、他の株主価値を低下させるかどうかを九十日ほどかけて判断。買収防衛策発動を勧告すれば、株主総会での承認後、防衛策が発動可能になる。

 一方、楽天は、TBSの防衛策発動の手続きを尊重する構え。TBS側の結論が出るまで、20%超まで株を買い進めないことを明示し友好イメージを植え付ける狙いだ。ただ委員会が買収防衛策発動を勧告すれば判断無効を求め楽天が訴訟を起こす事態も予想される。

 TBSの防衛策は既存株主に新株予約権を無償発行し、買収者の議決権比率を低下させる仕組み。同様の防衛策は米国企業の多くに備わるが、訴訟になった場合、負ける可能性が高いとされ、「一度も使われたことがない」(企業買収の専門家)という。

 楽天は、TBSの利益の一部を連結決算に加えられる「持ち分法適用会社」になることに執念を燃やす。20%以上のTBS株を保有し、株主提案しているように役員を派遣できれば条件はクリアできる。ただ、訴訟合戦などを経た後の提携が効果を挙げるかどうかは、疑問だ。



スポンサードリンク

Posted by sekaiiti : 17:31 | Trackbacks (0) | Page Top ▲

初めて株をやる人は、「もの言う株主?」

ちょっと古い記事ですが、株主と会社について書かれたニュースを pickup します。

最近、株主総会というか、初めて株を取得する投資家と会社の関係が、

少しづつ変化しているのではないか?と、思うことがあります。


下記のニュース記事は、そういったことを考えるのに役立つものでしょう。

今週からピーク 集中日29日には1072社で開催
【ライブドア・ニュース 2005年06月22日】- 3月決算企業の定時株主総会が今週中盤から来週にかけてピークを迎える。東京証券取引所によると、集中日の来週29日には約6割に当たる1072社で開かれる。企業価値を強調する若手経営者の台頭や、「もの言う株主」の登場で、「企業は誰ものか」という根源的な問いが市井で話題に上がる。上場各社は、多くの課題を突きつけられる、これまでにない雰囲気の中、株主総会ラッシュを迎えている。

 ライブドアのニッポン放送株大量取得にまつわるニュースが2月上旬から連日報道され、関心を集めた。春には、タカラとトミー、ナムコとバンダイなどの経営統合、インデックスと在京民放など7社との資本・業務提携など、コンテンツ産業を中心に“大型”の企業再編が相次いでいる。また、トヨタ自動車やソニーでトップが交代、日清食品会長の安藤百福氏(95)や堀場製作所会長の堀場雅夫氏(80)、京セラ名誉会長の稲盛和夫氏(73)、ドトールコーヒー社長の鳥羽博道氏(67)など“名物創業者”が経営の一線から退くなど、6月の株主総会を境に経営陣の刷新が目立つ。

 こうした潮目の変化を見据え、上場企業は敵対的買収の防衛策に奔走している。ブロードバンド通信大手イー・アクセスは22日の株主総会で、「ポイズンピル(毒薬条項)」導入に伴う定款(かん)の一部変更議案が国内で初めて決議された。24日に総会を控えているテレビ東京を皮切りに、各在京民放や松下電器産業でも買収防衛策が議案に盛り込まれ、決議される見通しだ。

 一方、不祥事を巡り企業のコンプライアンス(法令遵守)も焦点となっている。国が発注した鋼鉄製橋梁(きょうりょう)を巡る談合事件で、先月に東京高検から起訴された大手鉄鋼メーカーのうち、三菱重工業や新日本製鉄、石川島播磨重工業が28日、横河ブリッジが29日に株主総会を控える。売買システム障害でヘラクレス市場への新規上場受付を一時凍結している大阪証券取引所では、22日の総会で、筆頭株主でM&Aコンサルティング代表の村上世彰氏が米田道生社長の責任を追及。大証は米田社長ら常勤取締役4人が月額報酬の50─20%、3カ月分を返上するとして、株主に理解を求めた。

 株主総会に来る面々にも変化が見られる。「買収防衛策とか、村上ファンドとか、最近話題になっているので、この日を楽しみに待っていました」。22日、過去最大の会場出席者数で開催されたソニーの定時株主総会の直前、初めて株主総会に参加したというTシャツ姿の男性株主(20代)は語った。

 企業側は、「新しい株主とコミュニケーションをしよう」「わが社のファンを増やそう」と株主との交流の場づくりに躍起だ。浜崎あゆみや大塚愛など人気歌手を擁するエイベックス・グループ・ホールディングスの株主総会には、所属歌手のイベントを楽しみに出席しようとする株主も目立つ。ソフトバンクの株主総会終了後には、孫正義社長と握手やあいさつをしようと、壇上には多くの株主が詰めかけ、孫社長を囲んだ。【了】



スポンサードリンク

Posted by sekaiiti : 17:14 | Trackbacks (0) | Page Top ▲