中国株のコラム

今話題の中国株ですが、やはり国家全体が急速に成長していることもあり、

株価の動きもダイナミックです。


リターンが大きい分、しっかりとリスク管理をしたいですね。

そこで、中国株について解説したコラムを見つけてきたので紹介します。

出典:All about

中国株推奨実績は2倍、1.6倍など

この1年のパフォーマンスはどうでしたか?

この一年半オールアバウトでご紹介させていただいた中国株は三銘柄ございますが、それぞれで紹介後2倍、1.6倍、54%の上昇と好調に推移しております。是非下記をご参考にして今後の投資にお役立てください。

また、日本の新興市場銘柄は昨年一月のライブドアショック以降、しつこいくらいに早めの撤退を呼びかけてきました。一年数か月が経った今、インデックスなどの新興市場の株からその通り撤退した方と今でも保有し続けた方とでは雲泥の差が開いてきております。二ページ目をご参考にしてください。


日本の主力銘柄としては、任天堂(7974)やSUMCO(3436)などを筆頭としてヒット銘柄を提供させていただきました。今後もまだまだ二極化の流れは続くと判断しています。三ページ目をご参考にしてください。

投資に本当の意味で役立つ情報・実践的な情報を今後もこの場をお借りして提供させていただこうと思っております。皆さんはこの1年の投資成果はいかがであったでしょうか?オールアバウトの株ガイド記事では今後も実践にお役立てできるような株式情報を提供し参りたいと思っております。是非ご参考にして投資にお役立てください。

■2006年04月14日オールアバウト株ガイド記事

中国株で巨万の富を得る!?

ここで触れさせていただいた4銘柄の中国株を今でも保有していた場合どうなっていたでしょう?
390万円の投資でこの2006年4月で1653万円、2007年4月25日現在2180万円です。4倍になっても更に上昇し資産は更に着実に増えてきております。下記にあるとおり日本の新興市場の株を売却して乗り換えれば大きく取り戻せたのです。

■2006年07月06日オールアバウト株ガイド記事

北京オリンピック関連の代表格~大唐発電

ここで触れさせていただいた中国株の代表格大唐国際発電(991)の株価は9ヶ月で約二倍!
大唐国際発電 2006/07/06 5.05香港ドル→2007/04/25 9.76香港ドル(約2倍)

■2006年09月08日オールアバウト株ガイド記事

中国の伊藤園のような存在のテンイー

ここで触れさせていただいた中国株の一つテンイー(322)の株価は60%の上昇、二年では四倍!

2005/05 2.05香港ドル→2006年09月08日 4.9香港ドル(2.4倍)
2006/09/08 4.9香港ドル→2007/04/25 8.07香港ドル(約1.6倍)  
約二年で4倍となりました。

■2007年02月09日オールアバウト株ガイド記事

株ガイド推奨銘柄の実績をチェック!

ここで触れさせていただいた中国のヤマダ電機のような存在の国美電器(493)の株価はわずか3ヶ月で54%の上昇!

国美電器(493)2007/2/09 8.26香港ドル→2007/04/25 12.72香港ドル(約54%上昇)

Posted by sekaiiti : 17:09 | Trackbacks (0) | Page Top ▲

trackbacks

trackbackURL: