トップページ > 2007年06月

ネット証券に預けたお金は保証されます。

株を始めるには、ネット証券に口座を開設する必要があります。

今日は、そのネット証券について基本的なことを解説します。


証券会社(ネット証券)に預けたお金は、入金後自動的に、

『MRF(マネー・リザーブ・ファンド)』という投資信託として運用されます。

そのため、ネット証券にお金を入れておけば、

普通の銀行と同じように、多少利息が付くことになります。


話は変わりますが、預けていた証券会社が倒産した場合、

ネット口座に預けておいたお金は保証されるのでしょうか?


答えは「イエス」です。

証券会社の場合は、万が一倒産してもあなたの資産は保障されます。


顧客の資産は、別々に管理して、

必ず保障するように、法律で決まっているのです。


ですから、株式投資に興味がある方は、

気軽に自分の証券口座を開設することができます。



スポンサードリンク

Posted by sekaiiti : 21:10 | Trackbacks (0) | Page Top ▲

インターネット株も、立派な株取引です。

インターネット株取引ということで、気軽に始める人がいますが、

きちんとした準備をしていますか?


流行や勘で銘柄を選んで、適当に買っている。

などでは、雪山登山にアロハシャツで行くようなものです。


きちんとした事前知識を得てから行動しましょう。

特に初期投資額は、ある程度用意する必要があります。


「株価×最低売買単位」の投資額は、絶対に必要です。


初めて株取引に挑戦する方は、株の銘柄ごとに決まっている、

「最低売買単位」というものがあることを覚えておいてください。

株によって、取引できる単位が違います。


例えば、同じ1万円の銘柄でも、最低売買単位が100であれば、

最低でも、100万円の資金が必要なのです。


なので、初期の段階では、プチ株やミニ株で練習するのも、

選択肢の一つです。


最低売買単位は会社四季報や、

インターネットでは証券会社のホームページで、

確認することができます。



スポンサードリンク

Posted by sekaiiti : 21:41 | Trackbacks (0) | Page Top ▲

最初は小額投資!

初心者は、最初は小額投資から始めるほうが、合理的です。


まだ、株の取引になれていない状態で、

大きな金額を投資するのは危険です。


最近では株式分割が盛んになったり、単元株数(取引できる最低単位)も

小さくなる傾向にありますが、それでも一流所の銘柄(ソニーやトヨタなどの

大企業の株)は、最低でも約50万円はないと買えません。

とくに、任天堂などは200万円以上の資金が必要です。


初心者の場合は、いきなり大金をかけても勝つ確率が低い上、

万が一負けた場合、

「株は稼げない」という、間違った先入観を持つことになります。


そこで小額投資という選択が出てくるわけです。

単元株数未満でも売買が出来る「ミニ株」という制度を使うと、

一般的な取引の、10分の1の資金で取引が可能になります。


いくつかの注意点を知っておけば、これほどのリスクヘッジはありません。


※証券会社によっても取り扱い銘柄数に差があることがあります。

手数料が割高なので、手持ちの資金をしっかりと把握しておきましょう。



スポンサードリンク

Posted by sekaiiti : 01:14 | Trackbacks (0) | Page Top ▲

失敗した体験談は読まないほうがいい

株に関する体験談を探すときは、

失敗した時の体験談ではなく、成功したときの体験談を読みましょう。


これから始める人が、失敗した時の体験談ばかり読んでいると、

「株は稼げない」というメッセージが頭に刷り込まれてしまいます。


それを避ける意味合いでも、最初は成功体験談を読むことが大事です。

株式投資を続けていけば、必ず失敗することも出てきます。

失敗から学ぶのは、そのときまでとっておき、

まずはプラスのイメージを固めておきましょう。


世の中には色々な考え方がありますが、

最初の一歩は、成功者の考え方で行動すると良いでしょう。


これから、世の中の流れは速くなっていきますので、

常に素早く学ぶことも忘れてはいけませんね。

成功を祈っております。



スポンサードリンク

Posted by sekaiiti : 22:44 | Trackbacks (0) | Page Top ▲